いわ瀬

静岡茶 深蒸し茶の通販ショップ
自園自製の静岡茶の深蒸し茶を産地直送 通販で

通販ショップ送料

お試しセット

FAX注文用紙

商品カテゴリ

おいしいお茶の入れ方

おいしい冷茶の入れ方

ラッピングについて

TPOでお茶を選びましょう

お茶に関する豆知識

お茶屋の主人のひとり言

こんにちは!店長の岩瀬です!茶一筋に百余年、静岡、富士の裾野のもと、丹精込めてお作りしています。多くの方に、本当のお茶のおいしさを味わって戴こうと、ネットショップをオープンしました。通販で、手軽に、静岡茶をお求め下さい。


 
店舗のご紹介はこちら

HOME»  TPOでお茶を選びましょう

TPOでお茶を選びましょう

目覚めのお茶には、 玉露や上級煎茶、抹茶をどうぞ

玉露や上級煎茶、抹茶には頭脳の働きを活発にするカフェインが多く含まれています。 「朝茶は七里帰っても飲め」 と言われるくらいです。 ボーっとした頭を目覚めさせ、すっきりと一日のスタートを切りましょう。

食後には、煎茶やくき茶、ほうじ茶をどうぞ

やや熱めのお湯でちょっと濃い目で苦めに淹れて飲みましょう。 食後の口の中をさっぱりさせると同時に、虫歯の予防効果もあります。 脂っこい食事の後には、香ばしいほうじ茶も、さっぱりしていて美味しいですよ。

くつろぎの時間には、 上級煎茶や特上煎茶、玉露、抹茶を美味しいお菓子と一緒にどうぞ

60度から70度位のぬる目のお湯で、ゆっくりお茶を淹れましょう。 お茶のテアニンがあなたをリラックスさせてくれます。

仕事や会議中には、 上級煎茶や特上煎茶をどうぞ

上級煎茶を熱めのお湯で淹れましょう。 カフェインは高い温度の方が溶け出しやすいので、頭がすっきりし、眠気も覚まし、きっと仕事がはかどる事でしょう。

寝る前には、 番茶やほうじ茶をどうぞ

カフェインが少ない番茶やほうじ茶を、ぬるめの温度で薄めに淹れて、一日の疲れを癒しましょう。 番茶やほうじ茶は刺激が弱いので、お年寄りやお子さんにもお勧めです。